テーマ:テレビ

2006 秋のアニメ

さて、10月になって早10日が経ちました。 まだ見ていないのもありますが、レビューするか どうかは最初の1,2回くらい見て判断しようかと 考えてます。 ◎ 「コードギアス 反逆のルルーシュ」  前評判は高いらしい、ということくらいしか知らない  のですが、第1回を見たところでは一番良さそうです。  期待大です。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 最終話 ナンクルナイサ

”ナンクルナイサ・・あなたを愛しています”というハジの言葉が グっときた最終回でした。あの状態からでも、まぁハジは大丈夫 だろうなという気はしていましたが、最後のシーンでバラを確認 できたことで確信に変わりましたね。それにしてもあのシーン、 子供が人間だと4,5歳ってところかと思うんですけど、カイは 4,5…
トラックバック:56
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 最終回

終盤のレビューをすっとばして最終回なわけですが、 いやーあの診察室でのやりとりはサイコーでしたね。 「結果的に結婚できない」ってアナタ、そりゃないでしょ。 でも最後は二人で桑野さんの家へ向かうシーンで終了。 物足りなさ満点なんですが、(^^; 今後あるであろう スペシャルでも楽しみに待つとしましょう。 …
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 49話 二人の女王

47話の感想で予想したとおり、とりあえずディーバとの 決着はつきました。子供を産むと血の効力がなくなるとは・・ やはりサヤに都合のいい展開でしたね。刺し違えたときは ”なるほど共倒れもアリかもね”と思いましたけど、子供が 残ってますもんね。 ま、あの場面だったらあーゆう死に方だろうなーと予想した とお…
トラックバック:50
コメント:2

続きを読むread more

2006 夏のドラマ マイ・ボス マイ・ヒーロー 第8回~第9回

第8回は文化祭や真喜男の誕生日で盛り上がりましたが 今回はいよいよボス決定!あーんど卒業決定! あんな微妙な選挙結果で今後組はまとまっていくのか? とちょっと心配になったりもしますけど、それはさておき、 なんですかラストの襲撃。 プロの方々が真昼間から高校襲撃なんて、ありえないと いうか、なんの意味が…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 48話 摩天楼オペラ

ネイサンってサヤ&ディーバの母親のシュバリエだったんですね。 オドロキ。どうりでアンシェルにも強気なわけです。 でもどうしてディーバ側のシュバリエとしてついているんでしょう。 サヤ側でもいいはずですよね。 実際のところ、最終的にどちらの味方もしない、そんな気もします。 それにしても衛星回線の爆破が遅すぎです…
トラックバック:48
コメント:9

続きを読むread more

BLOOD+ 47話 全ての血を超えて

サロメってなんじゃ?ザラメなら わかるけど、みたいなところにひっかかってはいたものの、今回の お話も「なんだかなぁ・・・」ってカンジでした。 ソロモンもいなくなるし、ジェームズは自壊してしまうし、来週以降の サヤ”会心の一撃”ってのは見られそうにない気がしてきました。 ネイサンvsアンシェルでどっちか欠ける…
トラックバック:24
コメント:1

続きを読むread more

BLOOD+ 46話 あした天気になあれ

シンクロニシティとは事象の生起を決定する 法則原理として、従来の「因果性」とは異なる原理として、 ユングによって提唱された概念であり、共時性ともいう。 従来の因果性では何の関係もない場合でも、同時に 起こるできごとがある場合にシンクロニシティの作用と 考えるらしい。とはいえ、今回のジュリアさんの報告に …
トラックバック:40
コメント:0

続きを読むread more

2006 夏のドラマ マイ・ボス マイ・ヒーロー 第5回~第7回

3回分まとめてみました。(ただのサボり) 三者面談があったり(第5回)、青春満喫するぞ!でヒーローに なってみたりと(第6回)いろいろありました。(チョー手抜き) さて第7回。 今回いちばんの変化は、ひかりから”暴力は嫌い”ときかされて 弱っちゃう真喜男です。柔道であれだけ腕っ節の強いところを 見せ付…
トラックバック:16
コメント:1

続きを読むread more

BLOOD+ 45話 手のひらを太陽に

今回、ジェームズはなぜカルマンのもとへ現れたのでしょうか。 ジェームズの作戦からすれば、モーゼスがカイを殺め、カルマンは 自然消滅、そしてモーゼスがカルマンの後を追うというパターンが 理想のはず。ならば、わざわざカルマンに”ディーバの血を得たと しても死の呪縛から逃れられない”と言いにくる意味は・・・・ モ…
トラックバック:50
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 第7回

もう7回目なんですね。桑野氏も相変わらずです。 やっぱりこのドラマは、桑野氏のキャラが変わらないほうが いいように思えてきました。 それで最終的に結婚できるかどうかは?ですが、もう ここまでくれば、してもしなくてもOKって感じです。 さて、今回は夏美先生のお父さんが登場なわけですが、 結構強引で頑固で…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 44話 光の中に

シフたちの間に築かれていた堅い絆。そしてサヤたちとの 連携を断つべく、ジェームズが動きました。 シフたちのおかげで自らの命を危険にさらしたといってもいい ジェームズ。どんな手をつかってくるかと思いましたが、 ディーバの血によってソーンをコントロールしうる、つまり 君たち長生きできるよ、というネタで切り込んで…
トラックバック:42
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 第6回

最大の謎は、”なぜ最後に桑野氏はあの仕事を引き受けたのか?” ということですが、今回のテーマは”妥協”だと思います。 夏美先生に説得され、”あなたには借りがあるでしょう?”と 言われても、”それとこれとは別。俺はいい家が作りたい”と発言。 また、”医者は相手のポリシーとは関係なく治療する”と いわれても、桑…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 43話 こころ乱れて

タイトル通り、いろいろな人が心動かされていた回でしたが、 私はハジが一番印象に残りましたね。 今クールのオープニングにもありましたから、今回こそは ”ハジの翼手姿”がみられると期待してましたが、やはり ここしかないってところでお目にかかれました。 ・・・意外とシンプルですね。でもフル翼手体型になれば …
トラックバック:46
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 第5回

公式サイトのSTORYでは設計データが”フロッピー”に入ってると いうことになってますが、いまどきフロッピーとはなぁ・・ あれはUSBメモリなのはいうまでもないですし、家のCADデータが フロッピーに収まるものなのかどうか?? というツッコミはさておき、今回は桑野氏が仕事のし過ぎで 倒れてしまう回。忙しいと…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

2006 夏のドラマ マイ・ボス マイ・ヒーロー 第4回

今回は”真喜男、初恋を知る”って感じでしょうか。 女には困ってない、と言い放つ真喜男でしたが、胸の中の 小人がキコリになって、ついに・・・ やはり肝試しでの、あわや、キスシーンか?ってところで 真喜男のなんだろ?あふれる想い?も爆発してしまいますね。 でも、あの牛の名前がツルネーゲフで?なぜか逃げ出して? …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 42話 響く、歌声

ディーバの歌声にはD塩基とある種の遺伝子?(というかD塩基の好む) 人間との反応を劇的に加速させる作用があるようです。 今回のディーバライブは、翼手とコープスコーズの デモンストレーションの場でもありました。 ”抑えた”歌ということですし、”リハーサル”だったようなので、 本番がいつどこで行われるのかわかり…
トラックバック:50
コメント:0

続きを読むread more

2006 夏のドラマ マイ・ボス マイ・ヒーロー 第1回~第3回

録画しておきながら、見れていなかった”マイ・ボス マイ・ヒーロー”。 ”タイガー&ドラゴン”の高校生版のようで、非常に面白いです。 ネットで検索してみたら、韓国映画が元ネタなんですね。 それにしても長瀬くんの高校生姿はやっぱり、ちょ~っと無理が あると思いますし、第1回の飛行シーンもなんかしらけちゃいますけど …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 第4回

今回は休みの過ごし方と花火大会がメインでしょうか。 夏美さんの休日の過ごし方。 1)本を読む 2)買い物 3)パチンコ 4)岩盤浴 まんが喫茶忘れてませんか?ま、それはいいんですけど、 なんと一人ではとバスツアーへ。桑野氏と一緒になっちゃう わけですが、やっぱり女性一人ではとバスツアーって、 後…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒライケンジ 面白い?面白くない?

先の記事に書いたとおり、着実に人気が出ているヒライケンジ。 でも面白いという人とそうでない人がいます。私は前者の立場で 応援していますが、ではどこがおもしろいのか、考えてみます。 1つは、あの人気ポップシンガーの平井堅さんに”一見”似ていて、 かつ本物の平井堅さんがちょっとこわれたようなしぐさ、表情、歌です。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

BLOOD+ 41話 私の居場所

今回の見所はやはり双子を身ごもったディーバでしょう。 リクを襲った頃からすると1年以上経っているので、あのとき 何かイタしてたとしても、可能性はないと思ってましたが、 ここへきて妊娠発覚。翼手は人間じゃないんだもの、妊娠期間も 違うんだろうね。きっと。 あーそれにしてもアンシェルの読んだジュリアの論文?みて…
トラックバック:46
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 第3回

今回はみちるさんが修繕積立金の未払い分(20万円)を 払うことになって一騒動の巻。 お金がなくて仕方なくスナックで働いたりもするのだけど、 やはり工面できず、でていくことを決心。 だけどそんな苦労を見た桑野氏、お金を貸してあげようと します。”スナックなんかで働くのはやめたほうがいいな。”と 途中まで…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 40話 シュバリエの見る夢

さて、2日遅れでみた感想をば。 ん~ソロモン生きながらえてよかった。 なんかディーバに出会った回想シーンが始まったら ”あら、やっぱり死亡確定?”と思い、 アンシェルとの戦闘で(翼手とはいえ)飛び上がって しまった時点で、”ありゃ、飛び上がったら格好の的じゃん。終わり?” と思った瞬間、次のシーンでネ…
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ 花嫁は厄年 第2回

さて、今回は冒頭から安土一郎の母、幸恵さんに 門前払いをくらう明子。新幹線で東京に帰るも、その間に 一郎へは”明子の申し出を受ける”との連絡が。 その理由は3つということで、 1つめは一郎のため、不出来な嫁を矯正しようと。 2つめは自分のため、不出来な嫁をよこした一郎の挑戦を受けようと。 3つめは・・…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 第2回

40歳時点で未婚の独身男性の場合、平均寿命が70.42歳なのに対し、 結婚している場合の平均寿命が79.06歳と、その差8.64歳もあるという データがあるそうです。 http://blogs.yahoo.co.jp/kengohigashi/22063727.html 今回は40歳独身という、まさに生涯独身を貫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006夏のドラマ 花嫁は厄年 第1回

主演の篠原涼子さんもさることながら、ナイナイの矢部さんや オセロの松嶋さんなど、脇を固めるキャストも個性派ぞろいで、 なにやら楽しみです。さらに異彩を放っているのが、主人公との 対決必至な(模擬?)義理の母役、岩下志麻さん。 ”おっかねぇ~”って誰もが思うんじゃないでしょうか・・ こんなおっかない人が、ドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 39話 魔法の言葉をもう一度

「ナンクルナイサー」 沖縄の方言で、”なんとかなるさ”の意。 今日はじめて知ったわけですが、これが魔法の言葉ってことに なるのでしょうか。 今回のみどころの1つはジョエルとアンシェルの会話でしょうか。 ジョエルってやっぱ大物なんですね。若いのに。尊敬します。 あとは・・・子供たちに遊ばれてるハジ!?シーン的…
トラックバック:53
コメント:3

続きを読むread more

2006夏のドラマ ”結婚できない男” 第1回

録画しておいた初回をみましたが、いそうですね~こんな男。 アットホームダッドのスタッフが作っていることもあって、 見ていてとても楽しめる作品になっていると感じます。 今クール見逃せないドラマの1つですね。 キャストもよくて、夏川さん、国仲さんはとくに魅力的♪ あべちゃんもきれいな尻でしたね~さすが。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 38話 決戦の島

今回はジェームズか・・・と思わせるオープニング。 なるほどそのとおりなわけですが、結局彼はしゃべりすぎた というか墓穴を掘りました。シフとサヤの戦力・戦術における 欠点を指摘してしまったばかりに、カイにしてやられたと いったところでしょう。 でも最後は誰が助けたのかと思ったら・・・ソロモンでしたか。 …
トラックバック:45
コメント:0

続きを読むread more

BLOOD+ 37話 狂おしいまでに

孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。 本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、 自分たちが何をしようとしているのか、 どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ。                       アン・シャノン・モンロー 基本的に不老不死である翼手は、人間社会の中では人間以…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more